フォトギャラリー

            [何じゃこりゃ!写真 ]

            写真を撮りに出かけると、思わぬ物に出くわすことが有ります。  
                     
                        古代人の顔?
             鳥取県日野郡日南町多里新屋 [多里ノジュール群] 

             「団塊の世代」という言葉の語源である石の写真です。

           これがノジュール「団塊」です。貝の化石や砂などを核として丸く 
           濃集凝固した、言わば自然が作り上げたセメントの様な石です。
           団塊の世代でもある、地質調査技師の兄は「あちこちで見られ、
           そんなに珍しい物では無い」と素っ気なく答えてくれました。

           そういえば、弘法大師が見残したと言われる高知県[見残し海岸]
           や島根県[石見の畳ヶ浦]で見た事がありました。

           [多里ノジュール群]は国道183号近くのよく解る場所に有ります。
           70cmくらいの丸石がゴロゴロ、丸い目をした顔の様にも見える。
           地元の人の話では農道工事の際に沢山の石が持ち去られとか・・・

                        柱状節理
                 (ちゅうじょうせつり、columnar joint)

           下の池の対岸の壁は人工の構造物ではありません、自然が作り出し
           た造形です。
           名前は柱状節理と言い、マグマがゆっくり冷却して出来た岩石です。
           六角柱状のものが多いですが、五角柱状や四角柱状もあります。

           玄武岩質の岩石によく見られます。
           皆さんよくご存知の玄武洞や 東尋坊(福井県坂井市)が有名です。
           島根県出雲市大社町[日御碕灯台]周辺にも見られます。

              柱状節理
                 よくまあ、こんなに綺麗に並んでる!
                 へたくそが積んだブロックよりずっと綺麗です。

                  柱状節理
               ニョロニョロところてんの様な岩がそこら中にあります。

              柱状節理
           崖の斜面を見上げるとかなり迫力があります。
           しかし足元には沢山の転石がゴロゴロ、いつ落ちて来るか解らない
           ので長居は無用! でここはどこ? 島根県東部の某砕石場跡です。
           民間会社の所有地なので詳しく言えません。


              玄武洞
                       [玄武洞]
                       兵庫県豊岡市                  

           さすがに有名な観光地の柱状節理は変化に富んでいて面白い!

           8月18日 京丹後市の旅館にくん太郎を納品の帰りに寄りました。
           公園の整備工事の為に近寄れなくて残念。
           もっと規模が大きいと想像していましたが、こじんまりしてました。

              青龍洞
            青龍洞の写真も一枚パチリ、やはり岩の変化が面白いですね。


              日御碕灯台
                      [日御碕灯台]
                 島根県出雲市大社町日御碕[石積み灯台・東洋一]
                 高さ43.65m「世界の歴史的灯台100選」

            この灯台は上まで登れます、参観料200円。
            地質の事よりやっぱこちらの方が気になる私は凡人!

            夜、灯台の下に寝転んでゆっくり回る灯光を見上げると、とても
            ロマンチックです。
            若い(自分でそう思ってる方)カップルにお薦めです。

                    柱状節理
            日御碕は玄武岩ではなく白っぽい流紋岩の柱状節理でありました。

                 

Copyright (c) 2009 Kuntaro. All rights reserved.