フォトギャラリー

                     
                   めのうの原石探し
             島根県地学会[春季地質見学会]5月31日(日)  

         集合場所 島根県松江市玉湯町[玉造温泉]玉造資料館駐車場 10時集合。

         全国各地の古墳から出土する勾玉などに使われた瑪瑙の鉱脈が見れるとあり
         めのうのかけらでも採取出来ないかと淡い期待を抱いて参加しました。
         同じ様な考えなのか28名と予想を上まる参加に主催者もビックリ、小三の女
         の子もいます。

         めのうは一般によく知られてる鉱物名ですが[玉造]花仙山のめのうは正確に
         言うと碧玉(へきぎょく)であり分類上ではめのうとは種類が少し違うようです。

         素人の私にはよく解りませんので以後(めのう)と言う事で説明致します。
         それでは、島根大学名誉教授・山内先生の案内で出発進行! 
                                          
                   

         最初の見学地、たぬきの穴。いやいや狸堀りと呼ばれるめのうの採掘穴です。
         花仙山の西側は戦後もめのう堀りが行われ横穴の跡が今でも多数残っています。
         入り口の周囲には、めのうのカケラが結構落ちていました。

                    狸堀り

         次は花仙山の林道脇に在るめのう脈を見学、地元の人が掘ったらしい穴の中に
         緑色の、めのう発見!しかしあまり質の良い物では無さそう。
         めのうの周囲はご覧の通り風化した安山岩の茶色の粘土です。
         おじさん一生懸命掘ってます! 後で少し分けてちょうだいね! あいよ〜

                めのう脈 

         ここが[めのう公園]江戸時代にも採掘していた穴が残されています。
         現在の[めのう]はほとんどがブラジル産ここも過去の遺産に成りにけり。

                案内板

         緑の石がめのうの原石、深緑の物は国内では最高品質の「出雲石」である。
         盗掘防止の鉄格子越しの撮影です。
         上の方にもめのう脈は続いています。暇な私は掘ってみたい!

                採掘穴

        これにてめのうの見学は終了、つづいて玉造温泉の説明を聞き、駐車場で解散。
        昼食を済ませて玉造資料館を見学して帰りましたが、家で一仕事が待っています。
        それは先出の方(おじさん)から頂いた(めのうの原石)磨き。

                 めのう原石 

             小さいですが右側の1個は何だかいけそ〜うな気がします。
             成るべく元の形なりに3時間ほどかけて平面に磨きました。

                 研磨した石

             全面磨くと偽物っぽいので2面だけ地肌を残しました、ん〜しぶい!

                 研磨した石

          1000番の砥石で仕上げました、ステンレスなら鏡面仕上げという所です
          目が荒いというか、良く水を吸う石です、光沢は最後まで出ませんね〜
          濡れている時はすごく綺麗なんですが・・・

          本物の勾玉を資料館で見ましたがこの石同様ガラス質の光沢は有りません。
          自宅に[みやげもの]の勾玉がありますが光り過ぎて品が無いと思いました。

          磨き方まで知りたい人はいないと思いますので省略します。

                 続・勾玉 [X型の勾玉] 6月7日(日)       
          

          上の記事を書いてから、約一年前の出来事を今頃になって思い出しました。
          2008年4月3日私の住む米子市にある博労町遺跡(博労町四丁目)から
          全国的にも珍しい背中合わせ(X型)になった勾玉が出土したことです。

          遺跡は米子工業高校のグラウンド内で同校の改築に伴い発掘調査中でした。
          勾玉は長さ21ミリ、幅26ミリ、厚さ8ミリ。
          青みがかった灰色の滑石(かっせき)製で、めのうではありません。
          二つの穴にひもを通し、首飾りにしていたらしいです。

           私が作ったレプリカの写真です、本物と同じ滑石で出来ています。
           色は違いますが、雰囲気だけでもどうぞ!
           著作権の問題もあり出土した本物の勾玉の写真ではありません。

                 

                おまけ

          以下、材料の滑石(かっせき)って何か興味のある人だけ見てね!

         滑石はロウ石とも呼ばれ黒板、コンクリートに線などひくチョークの元で
         とても柔らかい鉱物で(硬度1)人間の爪(硬度2.5)よりも柔らかい。

         今でも鉄をガス切断するとき、熱で消えないので線のケガキに使います。
         昔ベビーパウダーにも使用されましたがアスベストと同じ成分なので現在
         は使われていません。

         私がなぜ、それを持っているのか?
         それはmy判子(印鑑)の材料として持っていたからで、残りの石で上の
         勾玉を作りました。

                         おしまい。

                 

Copyright (c) 2009 Kuntaro. All rights reserved.