本文へスキップ

今月の献立 〜 毎日の給食献立を紹介しています!

2020年5月の献立

7日(木) 8日(金)

<献立>
・かつおごはん
・牛乳
・豚メンチカツ
・アーモンド和え
・こどもの日ゼリー
<コメント>

5月5日の「こどもの日」は、子どもの誕生を祝い、元気に成長することを願う日です。この日には、「ぶり」や「すずき」などの出世魚や、勝負に勝つという言葉から「かつお」を食べるとよいといわれています。そこで今日の給食には、かつおを炊き込んだ「かつおごはん」が出ています。ライバルにも自分にも打ち勝ち、自分の目標が達成できるように力をつけましょう。


<献立>
・コッペパン
・牛乳
・チリビーンズ
・じゃこサラダ
・レタスのスープ
<コメント>

今日のスープには、春から夏にかけて旬を迎える「レタス」が入っています。レタスには、丸い形をした玉レタスのほかにも、葉が細かくちぢれたサニーレタスや、やわらかい食感のサラダ菜など様々な種類があります。サラダで食べる他に、炒めたり、スープに入れたりしてもおいしく食べることができます。今日のスープのレタスは、玉レタスを使っています。味わっていただきましょう。

11日(月) 12日(火)

<献立>
・米飯
・牛乳
・はまちのみりん焼
・千草和え
・じゃがいもの味噌汁
・やさいふりかけ
<コメント>

じゃがいもは、レモンと同じか、それ以上のビタミンCを含んでいます。体の疲れをとり、病気も防いでくれるので、疲れが出てきて、体調をくずしやすくなるこの時期に食べておきたいですね。また、春のじゃがいもは、秋冬のじゃがいもよりも、みずみずしく、さっぱりしているのが特徴です。今日の給食では、味噌汁に入っています。春のじゃがいもの、みずみずしさを感じながらいただきましょう。


<献立>
・米飯
・牛乳
・コーンシューマイ
・チンゲン菜のナムル
・鶏肉とたけのこの中華煮.

<コメント>

今日の鶏肉とたけのこの中華煮には、たくさんの「たけのこ」が入っています。たけのこは、成長するのがとても早く、一日で1メートル近く伸び、十日ほどで立派な竹になるといわれるほどです。たけのこのようにぐんぐん成長できるように、たけのこの香りや食感を楽しみながら食べましょう。

13日(水) 14日(木)

<献立>
・米飯
・牛乳
・ハムステーキ
・コールスロー
・ハヤシライス
<コメント>

コールスローとは、キャベツを細かくきざんでドレッシングで和えたサラダのことを言います。「コールスロー」という名前は、オランダ語で「キャベツサラダ」を意味する「コールスラ」から生まれました。キャベツは一年中とれますが、とくに春にとれるキャベツは甘みがあって葉がやわらかくおいしくなります。キャベツの甘みを感じながら食べましょう。


<献立>
・米飯
・牛乳
・いわしフライ
・ごま和え
・もずくのすまし汁
<コメント>

いわしは、日本で昔からよく食べられてきた魚です。血をサラサラできれいにしたり、骨や歯を強くしたりするはたらきがあります。今日のいわしフライは、噛んだ時の食感にこだわって2種類のパン粉を使い、手作りしています。また、骨まで食べられるようにカラッと揚げています。サクサクの歯ざわりを楽しみながら、骨ごとよく噛んで食べましょう。

15日(金) 18日(月)

<献立>
・抹茶パン
・牛乳
・照焼チキン
・アスパラサラダ
・米粉マカロニのスープ
<コメント>

今年の5月1日は「八十八夜」でした。その年に初めて育ったお茶の葉で作るお茶を「新茶」といい、八十八夜を目安に摘み取ります。新茶には、悪いものを払って清める力があるので、飲んだり料理にして食べたりすると、1年間、健康でいられるといわれています。新茶が出回るころに合わせて、5月の給食では、今日の抹茶パンや、28日の竹輪の新茶揚げで、みなさんの健康を願います。お茶の風味を感じながら食べて、今年も元気いっぱい過ごしましょう。


<献立>
・米飯
・牛乳
・さわらの西京焼
・わかめの酢の物
・肉じゃが
<コメント>

さわらの旬は、春と冬の2回あります。春のさわらは脂が少なく、あっさりとしているので、味噌やしょうゆのたれに漬けこんだり、ゆずや、ごまの香りをつけたりする料理にむいています。今日の給食では、甘めの白味噌、みりん、酒でつくる味噌床に漬けこんだ西京焼きです。春ならではの味を楽しみましょう。味噌の香りで、ごはんもすすみますね。

19日(火) いきいきこめっこデー 20日(水)

<献立>
・麦ごはん
・牛乳
・鳥取ピリカラ星空そぼろ
・切干大根の中華和え
・とっとりっ子白湯スープ
<コメント>

毎月19日は、『いきいきこめっこデー』です。いきいきこめっこデーには、給食を通し て、みなさんにふるさとについてもっと知ってほしい、もっと好きになってほしいと願って、地元のおいしい食べものをたくさん使って作られています。『鳥取ピリカラ星空そぼろ』は、昨年度、みなさんから募集した「こめっこ献立」の一つです。福生中学校 1年 永原 一寛さんが、福生東小学校 6年生の時に考えてくれました。鳥取県産のらっきょう、にんじん、ブロッコリーなど色とりどりの食材を使い、きらきらと輝く星空をイメージした一品です。ふるさとのめぐみに感謝していただきましょう。










<献立>
・米飯
・牛乳
・ますの香草焼
・ハムサラダ
・春キャベツのスープ
<コメント>

今日の給食のますは、オレガノという香草をきかせて焼いています。オレガノは、イタリアやギリシャの料理に欠かせない香草で、みなさんにはピザのトマトソースの香りとしておなじみかもしれません。トマトに合うほか、肉や魚の香りを良くしたり、脂っこさをやわらげたりしてくれます。イタリアやギリシャに行った気分で楽しんで食べてください。

21日(木) 22日(金)

<献立>
・米飯
・牛乳
・豚肉の生姜焼き
・ゆかり和え
・絹さやの味噌汁
<コメント>
絹さやは、春が旬の野菜です。えんどうの仲間で、豆が大きく育つ前の「さや」を食べます。さやは甘みがあってみずみずしく、やわらかいのですが、その両端には硬いすじがあるので、とり除いてから料理します。今日の給食でも、調理員さんが一つ一つ丁寧にすじをとってくださいました。調理員さんに感謝しながら、旬の絹さやを味わいましょう。

<献立>
・大山小麦コッペパン
・牛乳
・かつおフライ
・海藻サラダ
・グリーンポタージュ
<コメント>

春から夏に向けて、大山の木々の緑が深まる季節になりました。今日の給食のスープは、大山小麦コッペパンに合わせて新緑をイメージしたグリーンポタージュです。この緑色は、今が旬のグリンピースを使って出しています。グリンピースはえんどうの若い豆のことで、5月から7月にかけて一番おいしく、栄養満点です。さわやかな初夏の気配を感じながら、豆の甘みと香りを楽しんで食べましょう。

25日(月) 26日(火)

<献立>
・米飯
・牛乳
・鮭の南蛮漬
・磯香和え
・ビーフンスープ
<コメント>

突然ですがクイズです。今日の給食のスープの中に入っているビーフンの材料は、なんでしょう?・・・正解は「米」でした。中国で生まれた麺で、中国語ではズバリ、米の粉、と書きます。焼きビーフンのように、米やパンと同じ主食にすることが多いですが、のびにくいので、スープ料理にもむいています。また、細くてつるつると口あたりがよいので、いくらでも食べられそうですね。


<献立>
・米飯
・牛乳
・若鶏の塩麹焼
・ミモザ和え
・山菜の味噌汁
<コメント>

27日(水) 28日(木)

<献立>
・米飯
・牛乳
・野菜コロッケ
・スナップえんどうのサラダ
・キーマカレー
<コメント>


<献立>
・米飯
・牛乳
・竹輪の新茶揚げ
・ブロッこんぶ
・新たまねぎの卵とじ
<コメント>

29日(金)

<献立>
・コッペパン
・牛乳
・ハンバーグ
・甘夏柑とレタスのサラダ
・コンソメスープ
<コメント>



2020年4月の献立

9日(木) 10日(金)

<献立>
・米飯
・牛乳
・ハムステーキ
・コールスロー
・ビーフカレー
<コメント>

今日から1学期の給食が始まります。給食は、みなさんが元気に成長できるように、栄養のバランスが考えて作られています。今年度もおいしく、栄養満点の給食を楽しみにしていてください。今日の給食は人気のビーフカレーです。ごはんと一緒にもりもり食べて、元気いっぱいのスタートを切りましょう。


<献立>
・コッペパン
・牛乳
・照焼チキン
・海藻サラダ
・春野菜のコンソメスープ
<コメント>

今日のスープには春においしくなる「豆苗」が入っています。豆苗はえんどう豆の若い芽がのびたもので、食べると甘みがあり、ほんのり豆の香りがします。その他にも春に旬を迎えるキャベツやじゃがいも も入っています。野菜の甘みや香りを味わっていただきましょう。

13日(月) 14日(火)

<献立>
・米飯
・牛乳
・春巻
・チンゲン菜の中華サラダ
・もずくスープ

<コメント>

今日のスープに入っている海藻は『もずく』です。もずくは海の中で『藻』に付いて大きくなることから『もずく』と名前がついたと言われています。今日は、にらや白ねぎ、豆腐と一緒に中華スープの中に入っています。もずくのツルツルとした食感を楽しみながら食べましょう。


<献立>
・赤飯
・牛乳
・白身魚フライ
・千草和え
・三つ葉と湯葉のすまし汁
・お祝いデザート・ごま塩
<コメント>

今日は、1年生の入学と2年生以上のみなさんの進級をお祝いする献立です。今日のご飯は、赤飯です。赤い小豆ともち米で炊いた赤飯は、魔よけや災いを払う力があると言われ、お祝いの時に欠かせない食べ物です。デザートにはお祝いケーキが登場します。入学と進級をお祝いしながら、みんなで楽しく味わって食べましょう。

15日(水) 16日(木)

<献立>
・米飯
・牛乳
・ハンバーグ
・グリーンサラダ
・カレースープ
<コメント>

今日のサラダには、春から夏にかけてよく出回る「レタス」が入っています。レタスには丸い形をした玉レタスのほかにも、葉が細かくちぢれたサニーレタスや、やわらかい食感のサラダ菜など様々な種類があります。サラダで食べる他に、炒めたり、スープに入れてもおいしく食べることができます。グリーンサラダを食べてレタスのうまみを感じてみましょう。


<献立>
・米飯
・牛乳
・いわしの煮付
・ごまマヨ和え
・春キャベツの味噌汁
<コメント>

キャベツには、体のつかれをとったり、病気をふせいだりするビタミンCが多くふくまれています。キャベツは一年中とれますが、とくに春にとれるキャベツは甘みがあって葉がやわらかく「春キャベツ」とよばれています。今日は、春キャベツをたっぷり使ったお味噌汁です。春キャベツの甘みが効いた味噌汁を味わってしっかり食べましょう。

17日(金) 20日(月)

<献立>
・大山小麦コッペパン
・牛乳
・ささみフライ
・焼豚サラダ
・米粉マカロニのミネストローネ
<コメント>

今日は給食初登場の「大山小麦コッペパン」です。大山小麦は、大山のふもとのミネラル豊富な黒ぼくの畑で育った鳥取県産小麦のことをいいます。日本は小麦の多くを外国産に頼っているため、鳥取県産の小麦は大変貴重なものです。今年は毎月一回登場します。地元の小麦で作られた香り豊かなパンを味わっていただきましょう。


<献立>
・米飯
・牛乳
・コーンシューマイ
・ゆかり和え
・春雨の中華炒め
<コメント>

春雨は、じゃがいもや豆のでんぷんから作られる細長い麺です。小麦粉で作られる麺と比べると弾力はありませんが、なめらかな食感なので、スープや和え物などにもよく合います。今日は、豚肉や野菜や揚げ豆腐を入れて、具だくさんの中華炒めで登場しています。ご飯とよく合うので、ご飯と一緒にもりもり食べましょう。

21日(火)いきいきこめっこデー 22日(水)


<献立>

・米飯
・牛乳
・とっトンのごま味噌焼
・田舎和え
・ヨネギーズのふんわりかき玉汁
<コメント>

今日は、『いきいきこめっこデー』です。いきいきこめっこデーの給食は、みなさんが、ふるさとについてもっと知って、もっと好きになってほしいと願って、地元のおいしい食べものをたくさん使って作られています。今日は、米子市のイメージキャラクター「ヨネギーズ」にもなっていて、米子でたくさんとれる白ねぎを使った「ヨネギーズのふんわりかき玉汁」と鳥取県の豊かな自然の中で育った豚肉を使った「とっトンのごま味噌焼」です。私たちが住む鳥取県はとても自然に恵まれています。自然の恵みに感謝していただきましょう。










<献立>
・米飯
・牛乳
・チキン南蛮
・ブロッこんぶ
・白湯スープ
<コメント>

チキン南蛮は宮崎県発祥の鶏肉料理です。南蛮とは、外国のポルトガルやスペインのことで、そこから伝わってきた料理と言われています。カラッと揚げた鶏肉を酢をきかせた調味料「南蛮酢」に浸して作ります。味がしみ込んだチキン南蛮は、ごはんと一緒に食べるとおいしいですね。どちらも残さず食べましょう。

23日(木) 24日(金)

<献立>
・米飯
・牛乳
・鮭の塩麹焼
・うどの五目炒め
・若竹汁
<コメント>

今日の汁は「若竹汁」といいます。春にとれる「わかめ」の「若」と「たけのこ」の「竹」を組み合わせたのが名前の由来といわれています。春のわかめとたけのこは、どちらもやわらかく、うまみたっぷりなので、日本では昔からよく食べられています。旬の「うまみ」がたっぷり入った若竹汁を味わって食べましょう。


<献立>
・黒糖パン
・牛乳
・ほうれん草オムレツ
・ツナサラダ
・ハムコーンスープ
<コメント>

今日のハムコーンスープの中には、「グリーンアスパラガス」が入っています。グリーンアスパラガスには、アスパラギン酸という栄養素が含まれていて、体の疲れをとったり、イライラをおさえて気持ちを落ち着かせたりする働きがあります。食べると甘みがあり、やわらかい歯ごたえが味わえます。アスパラガスの栄養をしっかり体にいただいて、元気に過ごしましょう。