睡眠時無呼吸症候群(Sleeping Apnea Syndrome)とは
睡眠時無呼吸症候群とは
睡眠時に呼吸停止または低呼吸になる疾患。

無呼吸・低呼吸指数」(Apnea Hypopnea Index; AHI) が5以上かつ日中の過眠などの症候を伴うときを睡眠時無呼吸症候群とする定義が多い(米国睡眠医学会の提唱する基準より)。

無呼吸 
口、鼻の気流が10秒以上停止すること。

低呼吸 
10秒以上換気量が50%以上低下すること。
無呼吸・低呼吸指数 
1時間あたりの無呼吸と低呼吸を合わせたもの。を指す。

SASの分類
閉塞性睡眠時無呼吸症候群 (OSAS, Obstructive SAS) 
上気道の閉塞によるもので呼吸運動はある。
肥満者は非肥満者の三倍以上のリスクがあるとされる。
また、顎が小さい骨格であるほど発症のリスクも高い。

中枢性睡眠時無呼吸症候群(central SAS,CSAS) 
呼吸中枢の障害により呼吸運動が消失するもの。

混合性睡眠時無呼吸症候群(mixed SAS,MSA) 
閉塞型と中枢型の混合したもの。

ほとんどは閉塞型で中枢型は少ない。


睡眠時無呼吸症候群の臨床
原因


発症原因としては,そのほとんどは舌や咽頭軟部組織(軟口蓋や扁桃など),顎顔面形態などの異常による上気道(咽頭腔)の解剖学的な狭小化に基づいている


閉塞性睡眠時無呼吸症候群 
睡眠中の筋弛緩により舌根部や軟口蓋が下がり気道を閉塞することが主な原因である。

中枢性睡眠時無呼吸症候群 
脳血管障害・重症心不全などによる呼吸中枢の障害で呼吸運動が消失するのが原因である。


疫学 
  SAS の有病率は30〜60 歳の男性の4%,女性の2% と言われており,女性は閉経後に増加する傾向にある。
わが国でも,潜在的患者数は200 万人と欧米に匹敵する患者数が報告されていて,決して少ない病気ではない。


症状
  原因



 

SASの検査・診断
  検査
睡眠ポリソムノグラフィ検査
睡眠ポリソムノグラフィ検査は、睡眠ポリグラフ (PSG) 検査とも呼ばれる。入院して下記のようなデータ収集を行なうものである。携帯型の簡便な装置(アプノモニター)で在宅検査を行なう場合もある。

脳波、眼電図、頤筋筋電図による睡眠ステージ
口・鼻の気流、胸・腹部の動きによる呼吸パターン
パルスオキシメーターによる経皮的動脈血酸素飽和度 (SpO2)






診断
睡眠1時間あたりの「無呼吸」と「低呼吸」の合計回数をAHI(Apnea Hypopnea Index)=無呼吸低呼吸指数と呼び、この指数によって重症度を分類する。

なお、低呼吸(Hypopnea)とは、換気の明らかな低下に加え、動脈血酸素飽和度(SpO2)が3〜4%以上低下した状態、もしくは覚醒を伴う状態を指す。


アメリカ睡眠学会(AASM,1999年)によるOSASの診断基準,閉塞型呼吸イベントおよび呼吸努力関連覚醒(RERA)イベントの定義,重症度の定義
1.診断基準:以下のA+ CあるいはB+ Cを要する
A.日中傾眠があり,他の因子で説明できないこと.
B.下記のうち2つ以上あり,他の因子で説明できないこと.
睡眠中の窒息感やあえぎ呼吸.
睡眠中の頻回の覚醒.
熟睡感の欠如.
日中の倦怠感.
集中力の欠如.
C.終夜モニターで睡眠中に1時間に5回以上の閉塞型呼吸イベントがあること,閉塞型呼吸イベントは閉塞型無
呼吸/低呼吸あるいは呼吸努力関連覚醒(RERA)のいずれかの組み合わせによる.
2.閉塞型睡眠時無呼吸/低呼吸の定義
以下のA+ BあるいはB+ Cを要する.無呼吸と低呼吸を区別する必要はない.
A.呼吸振幅がベースラインから50%より大きく減少.
B.呼吸振幅の低下が50%未満であっても,3%より大きい酸素飽和度の低下が覚醒を伴う.
C.イベントの持続は10秒以上.
3.呼吸努力関連覚醒(RERA)イベントの定義
呼吸努力の増加により覚醒を来たすが無呼吸や低呼吸の基準を満たさないもので,以下のA+ Bを要する.
A.徐々に食道内圧が低下し,突然陰圧の程度が小さくなり,覚醒とともに終了する.
B.イベントの持続は10秒以上.
 

  
 




臨床症状


初期症状

典型的な臨床症状


診断 鑑別診断

診断基準


鑑別診断

SASの治療
  SASの治療指針


治療法




参考資料



村田朗 「睡眠時無呼吸症候群の診断と治療」 日医大医会誌 2007; 3(2) p96-p101



繧・♀豁ッ遘代け繝ェ繝九ャ繧ッTOP
 
睡眠時無呼吸症候群(SAS)
クリニックロゴ