回転シェル


 回転シェルは、80年代後半に「ラジオ技術誌」で盛んに紹介されていましたが、最近はほとんど記事を見なくなりました。
 現在入手できる市販の回転シェルは、「ラジオ技術誌」が通信販売しているRS−3のみです。
 でも入手可能なだけでも奇跡的状況なのかもしれませんね。
 しかもこのRS−3はラテラル・バランス調整が可能な素晴らしい製品です。

 回転シェルの理論的考察は私には手に負えません。
 基本的には「応力を逃がしてやる」、「シェルとトーンアームとの共振系を分離する」などと理解しています。
 「ラジオ技術誌」の92年5月号で、堀井資朗氏が回転シェルの詳しい考察をされていますので、興味のある方は参照してみてください。

 
回転シェルの効果

 一般的に言われている回転シェルの効果は次のとおり

 ・高域が滑らかになる
 ・分離、定位が良くなり、音像が小さく引き締まる
 ・奥行きや広がりが良くなる
 ・トレース能力が向上する
 
 しかし一方で、音像の実体感や超低域のアタック感が後退する、中域が薄くなるなどの指摘もあります。
 
 導入するかしないかは、それぞれの方の求めるものの違いによると思います。
 でも、多くの方は回転シェルそのものを手にされたことが無いというのが実情でしょう。
 最近のアナログ・プレーヤーのトーンアームはシェル一体型が多いですので、ますます回転シェルが使いにくくなっています。
 もっと多くの方に回転シェルの音を体験していただけたら、世の中の評価も違ってくると思うのですが。


ラテラル・バランス

 トーンアームでもラテラル・バランスの調整をしますが、これはJ字アームやS字アームの場合、アーム・ベースの水平回転軸と針先を結んだ線の左右の重量バランスを取ることを意味します。
 こうするとアームの初動感度が増して、アームの動作が安定します。

 回転シェルの場合でも、サブ・シェル(回転する部分)のラテラル・バランスを取って、重心とサブ・シェルの回転軸を一致させると初動感度が増します。


 上の写真の左側に突き出ているネジの位置を調整することによって、サブ・シェルの前後の重心を回転軸と一致させるようにしています。
 サブ・シェルの左右の重心調整は、カートリッジの微妙な左右位置の調整によって行いますが、大抵のカートリッジなら左右の重心と針位置が一致するはずです。(一致しない場合は、鉛シートを貼って調整します。)

 ヤジロベエを想像すれば分かるように、軸受け位置に対して重心位置ができるだけ低い方が安定します。
 上の写真の回転シェルでは、サブ・シェルに軽いカーボン材を使い、サブ・シェルとカートリッジの間に円形のアルミ製スペーサーを挟んで、重心を低くするようにしています。


リード線

 回転シェルの機能を十分に発揮させるためには、リード線は邪魔ですね。
 サブ・シェルが円滑に左右に動くよう、リード線には十分に柔らかいものを使いたいものです。

 一方で、リード線が細すぎますと鳴きが発生します。
 私は、リード線の鳴きは好ましくないキャラクターだと考えますので、+−のリード線を絡げたりして、鳴きの発生を少なくするよう心掛けています。
 回転の円滑さとリード線の鳴きは相反要素ですので、各々の考えに従って折り合いをつける必要があります。

 前後の重心調整をする場合にも、リード線の扱いに悩みます。
 現状ではリード線の重さを含めて重心調整をしていますが、リード線の弾性が調整の邪魔をします。

 
回転軸と合わせるのは

 実は、かつて市販されていた回転シェルRS−1の取り扱い説明書を読むと、カートリッジを取り付ける際に、サブ・シェルの回転軸の位置とカンチレバーの振動支点の位置(ダンパーの根元部分)を一致させるように指示されています。

「カンチレバーの振動支点を回転軸と合わせる」のか、それとも「針位置を回転軸と合わせる」のかは、両方に意味があり、どちらを選択するのかは非常に悩ましい問題です。
 それぞれの意味ですが、私の愚考では、

回転軸と合わせる位置 考      察
1 カンチレバーの振動支点を合わせる 水平面における、針先、カンチレバーの振動支点、アームベースの水平回転軸の3点が一直線になろうとする力を妨げないようにする。 
2 針位置を合わせる アーム全体とカートリッジを装着したサブ・シェルとの共振系を出来るだけ分離する。
(ラテラル・バランスを取ることが条件)

 ということでしょうか。(まちがっていたらごめんなさい)
 どちらが良いのかは、使うカートリッジの構造やコンプライアンスの違い等にもよると思われます。
 
 現用のピカリングや反発磁気回路型カートリッジでは、2 を選択しています。
 2 の処理をすると、レコード再生中にサブ・シェルを左右に振っても、トーンアームの本体はほとんど動きません。
 

アンダーハング
 
 1 の処理をすると、レコード再生中にアーム・ベースの水平回転軸、カンチレバーの振動支点、針先の3点が一直線になろうとしますから、オフセット角の付いたアームでも、実質はピュア・ストレートアームになってしまいます。
 レコードの外溝に針を下ろすと、サブ・シェルはやや外側を向くはずです。

 通常アームをお使いの場合では、外周から内周のトータルのトラッキングエラー角を最小にするために、オーバーハングで設定してあります。
 ピュア・ストレートアームの場合は、これをアンダーハングに調整し直す必要があります。
 つまり、アーム・ベースの位置を遠くへずらすことになります。

 でも、面倒と思われる場合はそのままでも実質は大差ありません。
 回転シェルを使用するメリットは、トラッキングエラー角が増加するデメリットを上回ると思います。

 2 の処理をした場合ですが・・・これも実質はピュア・ストレートアームになります。
 サブシェルは無秩序な方向を向くことなく、概ねレコード溝に沿った方向になります。
 この場合、シェル・リード線の弾性が大きく影響するように思います。


カンチレバーの素性
 

 さて、共振が分離されると、再生音にアームの癖が現れにくくなります。
 また、個々のカートリッジの音の差も少なくなります。

 一方、カンチレバーの素性が再生音に現れてくるといわれています。
 私は特殊な金属を使ったカンチレバーより、普通のアルミ合金製のカンチレバーの音が好ましいと感じます。
 また、細くて長いカンチレバーより、太くて短いカンチレバーの方が好ましいと感じます。

 現用のピカリングやスタントンはアルミ合金製の太くて短いカンチレバーですが、回転シェルと組み合わせると、癖の無いバランスの良さを感じます。


様々な回転シェル

 かつて「ラジオ技術誌」で通信販売されていたRS−1
 オーディオテクニカ製のシェルを基に作られたもの
 回転軸にはベアリングが使用されている
 カートリッジはピカリングのNP/AT
 長谷川さんが90年頃に製作された回転シェル
 回転軸の上側は金属のバネ性で押さえている
 リード線は極細ワイヤー
 カートリッジはデンオンのDL103
 ゴルフ13さん作の回転シェル
 サブ・シェルはカーボン製で前後調整が可能
 カートリッジはオーディオ・テクニカの改造タイプ
 RS−A1アームにゴルフ13さん作のカーボン製サブ・
 シェルとアルミ製円形スペーサーを装着
 カートリッジはピカリングのNP/AT
 長谷川さん作の回転シェル
 サブ・シェルはアルミ製で前後調整が可能
 カートリッジはシュアーのM44
 長谷川さん作の回転シェル
 カートリッジの前後調整、左右傾き調整が可能
 カートリッジはオルトフォンのMC10
 長谷川さん作のストレスフリー・アームの回転シェル
 カートリッジはデンオンのDL−103
 長谷川さん作の回転シェル
 カートリッジはゴルフ13さん作のモノラルカートリッジ
 長谷川さん作の回転シェル
 カートリッジはゴルフ13さん作のステレオカートリッジ
 ゴルフ13さん作のカーボン製回転シェル
 反発磁気回路モノラルカートリッジの一体型
 ゴルフ13さん作の回転シェル
 シェル本体の一部とサブ・シェルがカーボン製
 スライド・ベースにより前後調整が可能
 ゴルフ13さん作のカーボン製サブ・シェル



針が長持ち?
 
 回転シェルを使い始めて10数年が過ぎていますが、回転シェルに共通のメリットとして感じるのは針が長持ちすることです。
 理由は、針先にかかるストレスが大幅に減るためと思われます。
 このことはレコード溝へのストレスも減ることにつながるため、レコードにもやさしいと考えます。

  

(05年9月 08年11月改訂)



回転シェルに関する考察(追加)

 今まで回転シェルの調整を繰り返していますが、調整の目的は「回転軸と針先位置をできるだけ一致させる」ことと「サブシェルの前後左右のラテラルバランスを取る」ことに終始しています。
 上手く調整しますと、レコード再生中にサブシェルを左右に振ってもアームは微動だにしませんし、出てくる音も安定します。


 回転シェルの働きについて、最近はカートリッジのダンパーに着目しています。
 カートリッジのカンチレバーの根元にあるダンパーについて考えますと、次の様な役割を担っていると思います。

 1 カンチレバーをカートリッジの然るべき位置に保持する
 2 音溝の振幅によってカンチレバーがスムーズに動くのを妨げない
 3 振幅が無くなれば速やかにカンチレバーの余分な振動を抑える

以上の3つが大きな目的ではないかと推測しますが、一般的なシステムではその他にも
 
 4 レコードの偏芯や反りによる揺れをカンチレバーからアームへ受け渡す際に少し吸収する
 5 レコードの共振がアームに伝わるのを少し遮断する
 6 アームの共振がカンチレバーへ伝わるのを少し遮断する
 7 インサイドフォースに対抗してカンチレバーを適正な位置に保持しようとする
 8 インサイドフォースキャンセラーに対抗してカンチレバーを適正な位置に保持しようとする
 9 音溝の振幅の強弱によって生じるダウンフォースの変化に対抗してカンチレバーを適正な位置に保持しようとする
といった役割が考えられます。
 「大忙し」の状態ですね。


 回転シェルを使いますと、ダンパーの余分な役割をある程度取り除いてやることができるように思います。
 5、6はもちろんですが、実質ピュアストレートアーム化することにより7、8にも効果があると考えます。
 シェルの回転軸と針先を一致させますと5、6に対しては特に大きな効果があると思います。
 回転シェルの「ストレスを感じさせない音」の理由はこうした処に潜んでいるのではないかと想像します。
 


 <怪しい仮説>
 ハイマス、ロー・コンプライアンスのカートリッジ
  ⇒針位置が比較的安定しているため、回転軸と針先位置を合わせることの意義が高い。
 ローマス、ハイ・コンプライアンスのカートリッジ
  ⇒針位置があちこち動きやすいため、回転軸とカンチレバーの支持点を合わせる方が無難。

 



(11年10月)


トップページへ戻る