日常生活自立支援事業(福祉サービス利用支援事業)

 こんなことでお困りではありませんか?
   ・「ヘルパーさんを頼みたいけど、どうすればいいの?」
   ・「通帳やお金をどこに置いたかしら?」
   ・「役所から色々な書類が届くけど内容がよくわからないわ?」
   ・「手もとに通帳をもっているとすぐにお金を使ってしまうわ」
 このようなとき、
日常生活自立支援事業で、お手伝いします。

日常生活自立支援事業とは?
 日常生活で支援が必要な高齢者や、障がいのある方(知的障がい・精神障がい)が自立した地域生活を送れるように、福祉サービスの利用援助、金銭管理などをお手伝いする事業です。

サービスの内容は?

●福祉サービスの利用援助
  ・福祉サービスの利用に関する情報の提供・助言。
  ・福祉サービスの利用申し込み手続き、利用料金の支払い手続き。
  ・福祉サービスにおける苦情解決の援助。
●日常的金銭管理サービス
  ・年金や福祉手当の受領手続き。
  ・病院への医療費の支払い手続き。
  ・税金や社会保険料、電気、ガス、水道などの公共料金の支払い手続き。
  ・日用品の購入代金の支払い手続き。
●書類など預かりサービス
  ・預貯金の通帳、実印、銀行印。
  ・証書(年金証書、保険証書、不動産権利書など)

利 用 料 は ?

 専門員による相談や支援計画の作成については無料です。利用契約後は生活支援員がお手伝いしますが、生活支援員による援助については有料となります。
●1時間以内/1,200円(以後30分ごとに600円)
●書類など預かりサービスは、月額200円。
●生活保護世帯は無料です。
 安心してご利用いただくためにこのサービスの利用にあたって、次の委員会などを設置しています。

■契約締結審査会
 弁護士や医師、福祉の専門家で構成されており、利用者の契約を締結する能力の確認や、定期的な能力の評価を行うとともに、援助内容の審査、助言を行います。

■福祉サービス運営適正化委員会
 当時者団体の家族の会、福祉、医療、法律の専門家などで構成されており、事業の透明性や公正性を高め、利用者が安心してサービスをご利用いただけるよう、中立な立場から監視を行います。また、利用者からの苦情の解決にあたります。

………お問い合わせ・ご相談は………

よなご暮らしサポートセンター(米子市社会福祉協議会内)
〒683−0811 米子市錦町1丁目139番地3
TEL 0859−35−3570  FAX 0859−23−5495