むし歯(う蝕:Dental Caries)とは


むし歯ができるのは?
   砂糖の入った食物を口に入れると、むし歯菌(ミュータンス連鎖球菌など)が
   砂糖からグルカンという物質を合成し、歯に強固にくっつきます。
   歯にくっついたむし歯菌は、砂糖などの糖類を利用して酸を作り出します。
   これはとてもスピードが速く、1〜2分でプラーク中の酸の濃度が高くなります。
   歯面のエナメル質とプラークの間ではカルシウムイオンが行き来していますが、
   酸性になるとこのバランスが崩れてカルシウムは急速にプラークと唾液中に流れ
   出します。
   プラーク中の酸が、歯の表面のエナメル質を溶かしていくのがむし歯です。

                           歯のカルシウムの流出と再石灰化の
                           バランスが崩れると虫歯になる
                      








むし歯の自己診断(チェックポイント)
   1 奥歯の噛み合せが黒くなっていませんか?
   2 歯と歯ぐきの境目が不透明に白濁していませんか?
   3 水・お湯、甘いものがしみたりしませんか?
   4 歯に穴はあいていませんか?
   5 痛む歯はありませんか?

むし歯のできやすい場所
   子供の奥歯の噛み合せの面(溝の部分)
   歯と歯の間(下の前歯を除く)
   歯の外側(頬側)の歯ぐきとの境目                                               
   上の歯の一番奥の外側
   歯ぐきが下がって露出した根の部分

     

     

   奥歯がはえてきてから2〜3年は咬み合わせの面(咬合面)が最もむし歯になりやすい
   ようです。
   この時期を過ぎると(特に大人になってからは)、咬み合わせ部分での新たな
   むし歯はあまり生じません。
   特に大人は咬み合わせ部分よりも、歯と歯ぐきの境目や歯と歯の間のプラーク・コントロールが
   重要になります。


                             このページのトップへ戻る