医院沿革 
   平成9年2月4日 開院
   
診療スタッフ(平成30年4月現在)
     常勤歯科医師 2名     非常勤歯科医師 2名     歯科衛生士 9名     受付・事務、歯科助手 7名

歯科診療用ユニット 7台


院長    八尾正己    日本口腔外科学会専門医

副院長   八尾倫子    ケアマネジャー資格取得  日本顎咬合学会会員
1997年 (平成9年) 開院
平成9年2月4日 開院
   開院時は歯科用ユニット5台


1998年 (平成10年)
3月    訪問診療開始。
         この時は未だ介護保険は施行されて居なかったが、近隣の病院、施設への往診開始。


1999年 (平成11年)
  10月   摂食嚥下障害に対する歯科的治療及びリハビリテーションを開始。



2000年 (平成12年) 
  10月   中国地区歯科医学会で口演発表 

       「摂食嚥下障害を有する患者に対する歯科開業医の関わりについて」
               やお歯科クリニック            ○八尾正己  八尾倫子
               同愛会 博愛病院  脳神経内科    岡田昭嗣
                            看護部       渡部つね子 角田美穂
                             リハ科        木村哲人  内田保子
               同愛会 老人保健施設やわらぎ     乗本陽子  


2001年 (平成13年) 
  5月    医院駐車場増設。


2002年 (平成14年)
10月   ホームページ開設

12月   レントゲンのデジタル化  院内LAN構築


2003年 (平成15年) 
  1月    カンジダ症等の口腔内感染症の検査機器を導入。


2004年 (平成16年) 
  3月    口腔乾燥症の検査機器を導入、治療内容の充実を図った。

6月    口腔衛生学会近畿地方会で口演発表
         「口腔乾燥症と歯科開業医の関わりについて」
              やお歯科クリニック  ○八尾正己、森田奈保子

         「口腔乾燥症と歯科衛生士の関わりについて」
              やお歯科クリニック  ○森田奈保子、八尾正己


2005年 (平成17年)
4月    高周波治療器 「コスモ」 導入


2007年 (平成19年) 
  4月    オートクレーブ、超音波洗浄機等を増設し、院内感染対策をさらに充実させた。

2012年 (平成24年)
  10月    日本歯科医療管理学会中国地方会で口演発表
          「鳥取県における環境放射線量と歯科医療被曝について」
            鳥取県西部歯科医師会  八尾正己 高野洋寿


2013年 (平成25年) 
  医院増改築
1月〜12月  完全バリアフリー化  歯科用ユニット7台に増設  駐車場増設

7月      鳥取県歯科医学雑誌で論文発表   鳥取県歯科医学雑誌Vol19-1 p1−p7 2013 
          『東日本大震災後における鳥取県米子市および周辺地域の環境放射線ならびに歯科医療被曝について』
                   やお歯科クリニック八尾正己   たかの歯科クリニック 高野洋寿


2014年 (平成26年)
  12月   骨粗鬆症の判定機能を有したパノラマレントゲン装置CypherEおよびNEOOSTEOを新規設置。


2015年 (平成27年) 
  7月    鳥取県歯科医学雑誌で論文発表
          「歯科用パノラマX線撮影装置CypherEおよびNEOOSTEOを用いた骨粗鬆症のスクリ−ニングと
          歯科医院での活用について
             About osteoporotic screening and the practical use at the dental clinic
             with a panorama imager CypherE and NEOOSTEO for dentistry.
                やお歯科クリニック 八尾正己    YAO Dental Clinic YAO Masami 


2016年 (平成28年) 
  10月    歯科医師増員  鳥取大学医学部口腔外科より歯科医師の派遣を受けて非常勤医師 1名増員


補足
  2002年〜2012年までの医院沿革詳細







繧・♀豁ッ遘代け繝ェ繝九ャ繧ッTOP




クリニックロゴ
医院沿革